山口孝志の経歴(インドの旅時代)

公務員を退職後、私、山口孝志は再びインドを訪れました。

往く先は、何処でもよかったのかもしれない・・・

何故インドへと足を運んだのか・・・

今考えても、分かりません。

おそらく私、山口孝志自身はほとんど考えもなく
なんとなくで選んだのでしょう。

そんな適当な気持ちで選んだインドにたどり着くと
今まで死掛けた魚のように死んだ目になっていた
私、山口孝志自身の気持ちを高ぶらせる刺激がそこにはあった。

一度、命を狙われる出来事がありましたが、
何とか生還するという治安のいい日本では
まず経験できないことも経験をしました。

そんな刺激を常に受けている日々を送っているある日、
当時付き合っていた彼女に連絡をとったところ、
結婚の話になり、私、山口孝志はその彼女と結婚をすることになりました。

ページトップに戻る